歯周病も虫歯も感染病です

感染させないための注意点と予防

虫歯菌の感染ルート

虫歯がどうやらうつる病気でもあるらしいと認識も広まり、お母さんが口に入れた食べ物赤ちゃんに与えたりすることは少なくなってきていると思います。
しかし感染の原因はそれだけではないようです。
熱い食べ物はちょうどよく冷ますためにふーふー息を吹きかけたりもしますね。
お母さんや家族が虫歯で虫歯菌が口内にある場合はその行為も感染原因のひとつになります。
また一度口を付けた箸やスプーンで食べさせてもいけません。
同じ食器やグラスで飲んだり食べたりもNGなのです。
どれも案外日常では習慣的にやってしまいそうな行為ですよね。
一つ一つの行為に極端に神経質になるのではなくあくまで予防と認識して日常の習慣にしましょう。
家族全員で意識を変えていきましょう。

誰もが必ずうつるということではない

大人になれば免疫もできて口内環境も整ってきますから同じことをしてもすぐ虫歯になってしまうという事はありません。
しかし赤ちゃんの口内は無菌に近いので感染もしやすくなるのですね。
幼児期になれば、持って生まれた歯の質や、抵抗力によっても違いがあります。
お母さんだけでなく、お父さんも兄弟も、みんなでまず自分の口内を清潔にして虫歯のない状態にすればそんなに目くじらを立て潔癖にする必要も少なくて安心できますね。
知識として知っておいて注意できるところは理解して実行すれば大分違ってきます。
年齢がちょっと上のお兄ちゃんお姉ちゃんも一緒に気をつければ一石二鳥で小さなお子さんの歯磨き習慣にもなりますね。
家族で虫歯を寄せ付けない丈夫な歯を目指しましょう。


TOPへ戻る