歯周病も虫歯も感染病です

妊娠したら予防しよう

歯周病も感染する

虫歯は文字通り歯そのものが菌に侵されるものですが、歯周病は歯肉の中にあるセメント質と骨の間が菌によって浸食される病気で歯と同様に感染します。
歯周病は生活習慣からも発生しやすい要因がありますし、また免疫力、体力の低下も原因の一つです。
妊娠中は虫歯のように歯周病にもかかりやすい状態になると言います。
産後などで身体に負担がかかったり、睡眠不足などもあり、歯周病が悪化するといつも近くにいる赤ちゃんにはうつる可能性もあります。
生後6か月を超えると赤ちゃんの口内にも歯周病菌が発生し、乳歯が生えるころ1歳半から2歳ころには歯周病になってしまうこともあります。
歯周病は唾液から感染するので、お母さんが歯周病である場合は、かわいい赤ちゃんにキスすることも同じ箸を使うことも控えたほうが良いでしょう。

妊娠が分かったら実行すること

昔は子供を産むと赤ちゃんに栄養を取られて歯が悪くなると言われたりもしましたが、どうやら原因は単にお母さんの体内からカルシウムなどが減って虫歯になると言うよりは体内の変化による生活環境にもあるのではと聞きます。
妊娠することで女性ホルモンが増加することが歯周病などの菌を増やす原因ともいわれます。
妊娠すると人によっては様々な不調がでて、つわりがひどい場合などは歯磨きも困難になったりしますね。
この様なことから口内環境も非常に悪くなり、虫歯や歯周病の原因ができてしまうのですね。
お母さんの歯周病は体内の赤ちゃんにもあまり良いとは言えませんし、虫歯も歯周病も後々赤ちゃんに色々な形で影響してしまいます。
体調がすぐれなくても夜寝る前は特に歯磨きはしっかりするよう心がけましょう。


TOPへ戻る