歯周病も虫歯も感染病です

予防歯科の大切さ

ブラッシングの重要さ

電動歯ブラシの使用と普通の歯ブラシの違いを考慮する人も多いのでしょうが基本的にはあまり変わらないと言われます。
歯茎のマッサージには電動歯ブラシは小刻みに動き効果があるかも知れません。
あまりきつく磨くのはNGですね。
また塩を使うことも良いのではと聞きますが、これも強さで歯茎を傷つけた経験がある人も多いのではないでしょうか。
知らずに塩分を取りすぎてしまうこともあります。
やはり家庭での食後のブラッシングが基本でしょう。
歯医者さんで磨き方講習も受けられますが実際歯と歯の間はかなり難しいですね。
時間をかけてブラッシングをしてもいつも歯医者さんで磨き残しを指摘されましたが、歯間ブラシを使用することによってよく磨けてますと合格もらったことがありますから歯間ブラシの使用はかなり有効ではないでしょうか。

安心のための定期的検診

一番の予防は勿論歯磨きなどの日常の習慣になりますが、定期的に予防のための歯科医院の受診も大切です。
自分では判断のできない見えない部分で発生している場合は見つけてもらうことができます。
では一般的な歯科検診ではどの様なことを重点的にやってもらえるのでしょうか。
まずは、目に見えない部分の歯茎の状態から虫歯の有無をしっかり点検してくれます。
また歯周ポケットの深さを測ってもらい歯周病チェックをしてもくれます。
歯周ポケットと言う歯茎の溝には菌が溜まりやすいのです。
ですからこの部分が深くなると歯周病にも虫歯にもなりやすくなってしまいます。
健康な歯はこのスポットが3mm以内と言いますから定期的に深さを測ってもらいましょう。
歯周病の原因とも言われる歯垢や歯石も取ってもらい虫歯になりにくい歯を作ることが大事ですね。


TOPへ戻る